日本サンフレイナ〜ニャ

このブログは、日本代表、サンフレッチェ広島、さいたまレイナス(浦和レッズ・レディース)、デポルティボ・デ・ラ・コル〜ニャを応援しています!

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 2010 J1 第32節 VS 清水エスパルス
    じょうじ (11/24)
  • 2010 J1 第32節 VS 清水エスパルス
    ティビスタ (11/24)
  • AFCチャンピオンズリーグ2010 グループリーグ Hグループ 第1節 山東魯能戦
    じょうじ (04/17)
  • AFCチャンピオンズリーグ2010 グループリーグ Hグループ 第1節 山東魯能戦
    ティビスタ (04/09)
  • 第31回 全日本女子サッカー選手権大会 準決勝 vs INAC・レオネッサ
    じょうじ (01/04)
  • 第31回 全日本女子サッカー選手権大会 準決勝 vs INAC・レオネッサ
    zu (12/30)
  • なでしこリーグD1 第12節 VS INAC レオネッサ
    じょうじ (10/23)
  • なでしこリーグD1 第12節 VS INAC レオネッサ
    zu (10/20)
  • なでしこリーグD1 第5節 VS スペランツァF.C.高槻
    じょうじ (05/15)
  • なでしこリーグD1 第5節 VS スペランツァF.C.高槻
    通りすがりの京都人 (05/15)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
  
<< 1勝2敗で、一喜一憂! | main | サンフレッチェ広島 VS 浦和レッドダイヤモンズ に向けて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
UEFA チャンピオンズリーグ 開幕!

こんばんは。

フジテレビがレアルを推せば推すほど、オレの大好きなR・マドリーが汚されていくような気がして、最近は気がついたら相手チームを応援してる事が多い今日この頃、、、、

どうも、じょうじです。




今でも、チームとしても個々の選手もR・マドリーは好きなんですが、チャンピオンズリーグの番宣CMに、リヨンのカットが全くないところとか、内田恭子のヘンなテンションの楽しみですね〜という言葉を聞くたび、オレの中のリーガ初恋の人、R・マドリーが遠のいていきます、、、

フジテレビさん、もうこれ以上変にマドリーをイジるのは止めて下さい。

もう、そっとしておいてください。

R・マドリーそのものは、何も変なことしてないんだから、、、

チームがブラジル化しようと、金満主義を貫こうと、未だチームが固まってなかろうと、それは日本とは関係ないスペインの出来事。その事実全てを、オレは普通に受け止めます。


が!


そこへ、ヘンにフジテレビに介入されると、全くおかしなものになってしまうんです。多くのサッカーファンがこういう機会を通して本場のサッカーに触れているのに、フジテレビの伝え方は選挙報道と一緒で偏りすぎです!こうやって地上波で見る機会を作ってくれてるのは感謝しますが、フジ特有の歪んだフィルターを通してしか見れないのは残念でしかたありません、、、


日曜朝のチャンピオンズリーグ・マガジンが、変にイジられてないのが救いです、、、






さて。


オリンピック・リヨン(フランス1位)

     VS 

R・マドリード(スペイン2位)


のチャンピオンズリーグ本戦の開幕戦!





試合は、序盤拮抗していたものの、気がついたら3−0、、、


他の国に先駆けて一足早く開幕したフランスはリーグ・アンのチャンピオン、リヨンの組織力とフィジカル・コンディションの良さが如実に出た内容となりました。オレ的には、リバプールであれだけ守備的でカウンター頼みのつまらんサッカーをしていたジェラール・ウリエ監督が、あの攻撃的極まりないリヨンをどのように率いて現在のリーグで好調を維持しているのか、もの凄〜く興味がありました。




1点目は、ジュニーニョ・ベルナンプカーノのFKから、カリューのヘッド!


さすらいの黒人ノルウェー代表カリューは、バレンシア時代にその質の高さに比例しない得点の数が非難され、失格の烙印を押されてローマへ移籍、そこでも目立った活躍は出来ずに(監督ともめたっつー話もあるが)トルコのベシクタシュに都落ち、、、心機一転リヨンでは、強くて走れる長身CFとして頑張ってるみたいです。ただの電柱だと思われがちですが、ホントにいい選手なので今後に期待です。ただ気性が荒いので、揉め事だけは起こさないでください。特にチームが上手くいってない時に、彼の不満は爆発しがちなので、、、



2点目のジュニーニョ・ベルナンプカーノのFK、素晴らしかった!


1点目のアシストといい、彼がいないとリヨンじゃない感じがしますね。エッシェンがいなくてもチームは機能するけど、ジュニーニョがいなくなったら、リヨンは終わりって気がします。そこは首脳陣もわかってたんだろうな。



3点目、レベイレールのクロスも素晴らしかった!

レベイレールは、バレンシアで欧州的にブレイクしてから、ホントにいい選手になったね。ウィングバックとして右も左も出来るし、CBも出来る。しかも、どこやっても質が高い。こういう選手が屋台骨を支えるチームだから、リヨンは強いんだろうなぁ。


リヨンは守る時は9人で守り、攻める時は4,5人で攻めます。スゴイ運動量ですが、それこそがリヨン4連覇を支えた原動力。それに攻撃的なメンタリティーとジュニーニョのマジックがチームのカラーを作り出してます。う〜ん、いいチームだなぁ。ウリエは変にチームをイジらずに、縦へのスピードを更にアップした感じにしたように見えます。これは認めるしかないね、今のところは。(まだ信用してない)






後半。

内容的には、マドリーがボールを支配しています。

チャンスもそれなりに作ってます。

が、スコアは動かず、、、

リヨンのGK・クペは、至近距離でラウールと1対1になっても冷静に球を弾き出し、チームの流れを変えさせません。途中で見せた、バレーボールかよっ!っていうレシーブもご愛嬌、バルテズなき後のフランス代表正GKの座に就いた彼には、長い間待った甲斐があったねと声を掛けてあげたい気分です。


おっと、そこへグティ投入!何とか攻撃を組み立てようとします。グティの、カンテラからこれまでのストーリーは涙ナシには語れないほど可哀そうなので、一番好きなんです。フィーゴが来た5年前、モリエンテスが怪我がちでFWがいなくて、攻撃的MFだったグティはトップにコンバート。そこで予想を上回る大活躍をして、チームのリーガ制覇に大きく貢献しました!しかしそれでもスタメンに定着することはなく、永遠のスーパーサブとして現在に至ってますが、それでもマドリーに残留して(今年はかなりインテルかアーセナル加入に近づいたようですが)、頑張ってます!



しかし、、、



試合の流れを変える事は敵わず、そのまま試合は終了。



マドリーは、チームの中心であるジダンの不在、リヨンはジュニーニョの存在が、試合を別けた格好となりました。


結局リヨンのいいとこが目立って、マドリーの場当たり的なチーム運営(止むを得ない部分もあるが)が目立ってしまった試合でしたね。こないだの代表戦でも、一人男気を見せてくれたラウールは健闘しましたが、ゴールは遠かった、、、



そして何より素晴らしかったのは、リヨンのホームスタジアム・スタッド・ドゥ・ジェルランのバックスタンドの観客!


みんな跳ねながら歌いながら応援してます!


ああいう応援こそが、ホームアドバンテージ!


ピッチに一番近いあの場所で、あの応援!


選手にとって、あんなに心強い応援はないでしょう!


ああいうの、理想。










そして思うのは、





ああ今年は、この場所にデポルがいないのね、、、




という事、、、

| サッカー | 06:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:14 | - | - |









http://jouji.jugem.jp/trackback/68
このページの先頭へ