日本サンフレイナ〜ニャ

このブログは、日本代表、サンフレッチェ広島、さいたまレイナス(浦和レッズ・レディース)、デポルティボ・デ・ラ・コル〜ニャを応援しています!

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 2010 J1 第32節 VS 清水エスパルス
    じょうじ (11/24)
  • 2010 J1 第32節 VS 清水エスパルス
    ティビスタ (11/24)
  • AFCチャンピオンズリーグ2010 グループリーグ Hグループ 第1節 山東魯能戦
    じょうじ (04/17)
  • AFCチャンピオンズリーグ2010 グループリーグ Hグループ 第1節 山東魯能戦
    ティビスタ (04/09)
  • 第31回 全日本女子サッカー選手権大会 準決勝 vs INAC・レオネッサ
    じょうじ (01/04)
  • 第31回 全日本女子サッカー選手権大会 準決勝 vs INAC・レオネッサ
    zu (12/30)
  • なでしこリーグD1 第12節 VS INAC レオネッサ
    じょうじ (10/23)
  • なでしこリーグD1 第12節 VS INAC レオネッサ
    zu (10/20)
  • なでしこリーグD1 第5節 VS スペランツァF.C.高槻
    じょうじ (05/15)
  • なでしこリーグD1 第5節 VS スペランツァF.C.高槻
    通りすがりの京都人 (05/15)
RECENT TRACKBACK
PROFILE
  
<< 2010 Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 決勝 ジュビロ磐田戦 | main | 第32回 全日本女子サッカー選手権大会 準決勝 vs アルビレックス新潟レディース >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2010 J1 第32節 VS 清水エスパルス


何かとジンクスや縛りの多いサンフレッチェにとって、日本平はその象徴のような存在。

15年も勝ってないって異常。

今日負けたら、Jの新記録らしい(未確認)。

そんな鬼門中の鬼門・日本平で勝利するために、4年ぶりのバスツアーで東京駅から向かいました。






海が綺麗ですね♪






車内では、清水に勝ったナビスコ準々決勝の試合でイメージトレーニング♪






バスから歩いてスタジアムへ、、、






オレンジーですな。






アウェイのゴル裏、前に来た時って、バクスタ寄りじゃなかったっけ?






富士山は、未だ見えず、、、







パルちゃんショーって、流行りの曲流して踊るだけ?

なんか、クオリティ下がってね?

定番の小ネタしか繰り返さないって、芸人としてどうかと思うぞ。
(なぜか挑戦的w)

ちなみに、白クマとアライグマ?のキャラもなぜか居た。



なんか、玉投げてるエスパの選手。







さて、選手キタ!!!






主力組がダッシュ!







丸谷?がシュート!






スモークオンザウォーター!!!






選手整列!







記念撮影。







さてっ!!










2010年11月23日(火・祝) 14時04分  
    
2010 Jリーグディビジョン1 
第32節



天気 : 曇り    

会場 : アウトソーシングスタジアム日本平 : 清水市

観客 : 17.143人
  
主審 : 高山啓義     副審 : 西尾英朗、間島宗一



清水エスパルス

VS

サンフレッチェ広島



   清水エスパルス 2  2(前半)0   1 サンフレッチェ広島
  0(後半)1           




得点者
15分 兵頭昭弘
39分 岩下敬輔
72分
 槙野智章






フォーメーションは、こんな感じ。  





       寿人
 チュンソン    洋次郎

山岸          ミカ
     カズ アオ
       
  槙野 中島 森脇      

       西川





なんだかなぁ、、、

寝てた前半に安い失点を2つも食らって、最終的に最後までそれに縛られた感じで、「鬼門・日本平」は払拭出来ず。

エスパが良かったというのもあるけど、前からプレスを掛けてくるのはわかってたはずだし、そこで巧く往なしてボール回さないといけないのに、イージーなパスミスが多すぎ〜る!
いつもは森脇がやり玉に上がったりするけど、この日の前半は全員均等に多かった。
そりゃ失点もしますわな。
動きにキレもないし、一部緩慢な選手もいたし、これまで日本平で見てきた試合と大差なかった、前半は。
中島やミカ、カズさえもチャレンジングなパスが多くて、それが相手に拾われて危険なシーンを作られてしまった。
「我慢の時間」というのは守備だけじゃなくて、攻撃の時も言えるわけで、そこのところがうまくガマンし切れずに、パスを回してチャンスを窺う本来の狙いが疎かになってしまった印象、、、
失点は、兵頭にはパコーンとナイスシュートをドフリーで打たれるし、岩下のヘッドはDFラインと周作の連携ミス。
兵頭のシュートの前にはゴール前での緩慢なボール扱いと相手への当たりで、結局走り込んできた兵頭がパコーン。
集中力がイマイチ感じられんかったす。

エスパは、小野が出場停止でいなかったけど、藤本がトップ下だかボランチ?の位置から素晴らしいゲームメイク。
完全にタクトを振るってましたが、それがチームのモチベーションとうまくリンクしてた感じ。
しかし、前線に張ってた永井は太ったなぁw
ヨンセンンの代わりに真ん中にいるから、レッズがブッフバルト時代に永井にポストプレーをやらせようとして失敗してたのを思い出しました。
まぁそんなにガッツリ真ん中にはいなかったけれども。
しかし、大前は着実に怖い選手になってきてるな。
大迫に先を行かれてる感じだけど、数年後はわからんな。
高校選手権得点王の称号は、伊達じゃないんだな、平山も含めて。
そういえば、今年の得点王・ルーテル学院の山本大貴くんは、どうしたんだ?


前半終了間際には、左からのクロスにチュン?が飛び込んで、そのこぼれを寿人が押しこむもオフサイド。
この日は何度危ういオフサイドにやられたことか、、、、











ハーフタイム終わり、、、

後半、サンフレ戦士はやたら出てくるの早かった、特にチュンソンと山岸?






後半開始!

後半はやっと目を覚ました熊。
動きが格段に増えて、ボールも回るようになってきた。
ミカや森脇の左から攻撃を造る感じで悪くないし、実際シュートも増えたけど、ミカはキレキレでボールロストしないんだけど視野が狭いから最善のパスコースとは限らない気がするんだよなぁ。
フリーで空いてる逆サイドや後ろの山岸や高萩に気付いてないこと多し。
先発復帰した寿人とチュンソン&高萩の関係性もまだまだやるべき事が多いと思うし、それが今日の「チャンスは作れどもゴールに繋がらない」主因だと思う。

しかし、後半途中まで、寿人しかゴールのニオイを感じなかったなぁ。
それでも山岸のバウンドしたクロスを「魂のダイビングヘッド」で得点したチュンソンはサスガ。
これで、10試合10得点、、、かな?
とはいえ、代表に行くにはもうちょっと存在感が欲しいなぁ。
悪くないんだけど、絶対的な感じでもないんだよなぁ。
後ろからのミカ?のクロスをドンピシャでヘッドしたボールが西部の正面に行かずに入ってたら、、、
そういうところな気がします。
途中から出てきた丸谷はアオの代わりにほとんどミスもなく、パスもしっかり両サイドに散らしてたし、ヨンセンや伊藤翔に体を当ててブロックしてたのに、前よりも安心感があったのは嬉しい♪


でも、負けは負け。
「鬼門・日本平」は過去のものとはならず。
来年も言わなくちゃいけないのか、、、

帰りのバスは、やけ酒飲んで寝ちゃいました。










ACLが遠くへ消えていき、意気消沈、、、





パルちゃん、芸人としてはどうかとは思うが、キャッチーさは最早王道の域に、、、





結局、富士山は見えませんでした、、、






夜景は超キレイだったけど。。。




| サッカー | 23:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:54 | - | - |
お久しぶりです!覚えてますかね(汗
最近ブログめぐりをサボってまして久々のコメントです。

参戦お疲れ様でした。アウスタ怖いですねぇ。。
あとは一つでも上で少しでも多くの賞金を獲得してもらうのみですね。

あとナビ決勝、僕もコレオ裏面黄色のエリアだったり( ・∀・)
| ティビスタ | 2010/11/24 1:14 PM |
お久しぶりでーす!

アウスタ、ホント勝てないっすね。。
監督も7位以上が目標って下方修正してましたね。
デポルもこないだまで最下位でしたし、いつの間にか5バックに戻ってるし、頑張ってほしいです(苦笑)

ナビ決勝、コレオ黄色トロフィーの上の方でした!
またニアミスでしたか(笑)

| じょうじ | 2010/11/24 11:02 PM |









http://jouji.jugem.jp/trackback/354
このページの先頭へ